« 数独日誌090101 | トップページ | 数独日誌090108 »

数独日誌090106

   先日ネットで「数独 難問」というキーワードで検索していたところすごいサイトを見つけました。「ミシチャン」という人のサイトで、数独の解き方をまとめたものなのですが、よくこれだけ考え付いた(集めた)ものだ、というぐらいたくさんの解法が載ってました。ほとんど研究論文という雰囲気です。海外のものを参考にしたようで、解き方は基本的に英語の名前になっていました。このサイトのURLは

http://www.geocities.jp/master_mishichan/index.html です。

   すぐにプリントアウトしたのですが、全部で60ページもある力作です。
後半部分は難しそうでまだ読んでいませんが、前半部分だけで、私の知らない解き方がいくつもありました。(XY-wing、Remote Pairsなど)
「四角の対角線」の解法は3行バージョンだけでなく、4行、5行もある、ということもわかりました。

   世界文化社「ナンプレ超上級編」にある、「浜田ロジック」も解法の1つとして紹介してありました。

   ミシチャンさんも例の稲葉氏の本世界文化社「難問ナンプレに挑戦」Vol.2に言及していて、このサイトに載っている色々な解法を使わないと全問クリアはできなかったということで、やはり別格の本という評価のようです。

|

« 数独日誌090101 | トップページ | 数独日誌090108 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

9×9のナンプレの場合「四角の対角線」の解法5行バージョンの裏側には必ず4行以下が発生しています。
この辺は5国同盟の裏側に必ず4国以下が発生しているのと同じです。
ちなみにナンプレファン最新号ではRemote Pairsも解法として紹介されていますよ。

投稿: ゆうすけ | 2009年1月 7日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌090106:

« 数独日誌090101 | トップページ | 数独日誌090108 »