« 数独日誌090730 | トップページ | 数独日誌090806 »

数独日誌090731

   どうも「浜田ロジック」やその応用?と思われる手筋がよくわかりません。最近は、最後の手段として、マスXに数字Aが入ると、1つの列(または行)に入らなくなる数字がある。あるいは、マスXに数字Aが入ると、別のマスYに入る数字がなくなってしまう。よって、マスXには数字Aは入らないという、数学でいうところの「背理法」的な解き方をしてしまうことがあります。

   巻頭の解き方の説明にある「浜田ロジック」もこの一種ですが、巻頭の説明通りのきれいな形になっていない場合も多く、これって「浜田ロジック?」という疑問符が付くケースが結構あります。今後ははっきり「浜田ロジック」といえる場合以外は、「背理法」と名付けることにしたいと思います。

   「世界で一番美しくて難しいナンプレ」で今のところ「背理法」を使って解いた問題は、70,77,78,80番です。

|

« 数独日誌090730 | トップページ | 数独日誌090806 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌090731:

» 数独DS [数独DS]
数独DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「数独DS」へ! [続きを読む]

受信: 2009年8月 3日 (月) 17時01分

« 数独日誌090730 | トップページ | 数独日誌090806 »