« 数独日誌090813 | トップページ | 数独日誌090822 »

数独日誌090819

   世界文化社「世界で一番美しくて難しいナンプレ」(西尾徹也著)一応終了しました。結局99,100の2問ができませんでした。最後の2題ができないというのは何とも悔しい終わり方ですが、まずまずの出来かな、という感じです。100番はUnique Rectangle の手筋があったのですが、我慢して使わなかったら結局未完に終わりました。

   途中の段階でできなかった85,86,87の3問は後から見直したところ、すべて背理法(数独日誌090731参照)でなんとか解けました。背理法は少し間を置くと違った見方ができ、あっさりとけることがあるようです。(のちに85番は背理法ではなく、試行錯誤で偶然解けたことが判明しました)

   93番で初めてxy-wing(ミシチャンさんの分類参照)の手筋が使えました。なかなか見つけづらい、背理法の一種ということになるのだと思います。ミシチャンさんの分類を読んだときは理解できたのですが、今までなかなか使えませんでした。私の解き方の場合、この手筋は他の手筋と一緒にはうまく探せないので、ちょっと負担が増える感じになります。

34番が解き味良好でした。
以下私の使った手筋です。

4国同盟 58,65,98
4国同盟×2 61
5国同盟 65
四角の対角線 61,64,65,93,96
四角の対角線(3行バージョン) 65,93,94,95
四角の対角線(4行バージョン) 61
Remote Pairs 62
Finned Fish 60,98
Sashimi Fish 93,96
Sashimi Fish×2 95
Unique Rectangle 96,97
背理法 60,63

|

« 数独日誌090813 | トップページ | 数独日誌090822 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

「世界で一番美しくて難しいナンプレ」の99番を解くには、XY-chain と 2-String Kite が有効だと思います。2-String Kite については「ニャンチャロフのナンプレ無手勝流」(http://www.9x9.squares.net/9x9/Technic_c.html)に説明がありますが、「Word Puzzle ナンプレ Very Hard 極」(池田書店)の解説の方がわかりやすいと思います。

投稿: Tachyon | 2009年9月14日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌090819:

» 超上級テクニック復活 [解いて、作って、無手勝流パズル日記]
9月から超上級編を新設し、マトリクス系の応用形(Fiined-Fish、Sashimi-Fishなど)とブロック上での重複回避(2-String Kite)の手筋を復活させます。 これらの手筋は、3月のサイト「ナンプレ無手勝流」をリニューアルした時に、上級者の間でも十分一般化していないと判断し、作成基準から外したものです。 しかし、最近になって、その時標準的な上級者の感覚として参考にした「ikachanの数独日誌」でFiined-FishやSashimi-Fishが使われ出したので、復...... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 21時42分

« 数独日誌090813 | トップページ | 数独日誌090822 »