« 数独日誌091010 | トップページ | 数独日誌091024 »

数独日誌091018

池田書店「World Puzzleナンプレ very hard 極(きわみ)」Vol.1の報告の続きです。池田書店のホームページを見たら、なぜか「World Puzzleナンプレ激」シリーズは紹介してあるのですが、「極」シリーズは記載がありません。「極」シリーズの1と2は2009年7月と8月に発行なのですが、どうなっとるんでしょうか。

池田書店の本は「World Puzzleナンプレ HARD」Vol.1とVol.2を過去にやったことがあります。Level3~Level6までの問題で、解いた形跡を見ると仮置きの数字がほとんど書いてないので、難易度は初級~中級程度だったと思われます。ですからこのシリーズは全くノーマークでした。

作者はイスラエルにあるパズル制作会社とのことですが、できた問題の解き味はなかなか良好です。世界文化社の常連の方たちと遜色ありません。

その後問題番号の下1桁が4,5,6の30題をやりました。86番が面白い解き味で、初級中級手筋を使った後、残った37マスのうち、なんと33マスが2択で、最後は背理法を使いました。75,94,95,96の4問が未完です。結局91番以降は1問もできていません。

やはりXY-Wingが鬼門です。前回の日誌にXY-Wingも慣れれば何とかなる、とのコメントをいただきました。もう少し練習してみます。

|

« 数独日誌091010 | トップページ | 数独日誌091024 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

XY-chain についてはミシチャンのページの他に
「ニャンチャロフのナンプレ無手勝流」
(http://www.9x9.squares.net/9x9/Technic_d2.html)
にも説明があります。
「D2-2.連鎖による空白回避」がそれです。
(※「2択連鎖ロジック」の項目ではありません。
 「一般連鎖ロジック」の方にあります)

私は、83,91,92番については、
XY-chainの他に唯一系を用いました。
理詰めを重視するとしても、
これ程の世界級の難問になると、
唯一系を遠慮する必要はないと思いますが....
少なくとも力ずくの試行錯誤よりはマシです。

93番については、Bivalueセル(2択マス)が少なく、
唯一系も見つからないので、
XYZ-wing と Nice Loop を使いました。
Nice Loop はミシチャンのページの他に
以下のページが参考になると思います。

「Nice Loop」とは? - Wiki攻略本
http://blogs.yahoo.co.jp/bea_nies/62297189.html

Nice Loop は、かなり大がかりなテクで、
XY-chain の要素を含んでいるので
XY-chain がある程度使えるようになってからの方が
よいと思います。

投稿: Tachyon | 2009年10月19日 (月) 16時57分

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
Nice Loopについて少し読んでみましたが、数独は奥が深い、という感じです。
消化するのに時間がかかりそうですが、参考にさせていただきます。

投稿: ikachan | 2009年10月19日 (月) 22時17分

93番ですが、6行6列の候補は1か5ですが、どちらが入っても1行4列が1となることはありません。したがって、8行4列が1となります。4行3列と9行5列には4と8が入りますが、同じ数字にはならないので、4行5列に8は入らない。1行4列が5なら4行1列も5、1行4列が8なら4行1列も8、したがって4行1列に2は入らない。あとは楽勝。この解法がなんという名前かはよくわからない。

投稿: まあ坊 | 2009年10月25日 (日) 21時30分

まあ坊さん。お見事です。

「6行6列の候補は1か5ですが、どちらが入っても1行4列が1となることはありません。したがって、8行4列が1となります」は、
1行4列を不連続点とした Nice Loop の成立する定理⑤(びーにぃのWiki攻略本を参照)に近いと思います。

「4行3列と9行5列には4と8が入りますが、同じ数字にはならないので、4行5列に8は入らない」
これは真ん中のブロックを中継とした Remote Pairs (数独日誌090607を参照)のようですが、どうでしょう?

「1行4列が5なら4行1列も5、1行4列が8なら4行1列も8、したがって4行1列に2は入らない」
これは見当がつきません。どうような状態から、この手筋を使ったのか教えていただけないでしょうか?

投稿: Tachyon | 2009年10月29日 (木) 16時17分

1行4列が5なら4行4列は4なので、4行1列は5。
1行4列が8なら5行6列も8で、1行1列は8ではなく
5行1列も8ではない。したがって、4行1列は8。

もう少し簡単な手筋も見つけました。
1行6列が5なら1行5列は1。1行6列が1なら1行4列は
5で4行1列も5、したがって4行5列は2。よって
1行5列に2は入らない。

投稿: まあ坊 | 2009年10月29日 (木) 22時02分

なるほど。

「1行4列が5なら4行4列は4なので...」は依然として私にも何の解法に近いのか分かりませんが、Forcing Chainにチョット似ているといった感じです。

もう少し簡単な手筋の方は、これも1行5列を不連続点とした Nice Loop の成立する定理⑤に近いと思います。

ありがとうございました。

投稿: Tachyon | 2009年10月30日 (金) 17時36分

>>「極」シリーズの1と2は2009年7月と8月に発行

それは再版を印刷した日付で、初版を印刷した日付ではないようです。
(本屋さんに2009年4月付の「極」1がありました)

投稿: エド・はるお | 2009年11月 6日 (金) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌091018:

« 数独日誌091010 | トップページ | 数独日誌091024 »