« 数独日誌100217 | トップページ | 数独日誌100228 »

数独日誌100222

   ニコリ社「激辛数独」Vol.7の残りが、各レベル3題ずつになりました。
   去年Vol.6を解いた時と比べて、特にこの1年間ブログを通じていろいろな手筋を教えていただき、だいぶ解答力が上がったと思います。ニコリ社の問題は使う手筋はN国同盟と四角の対角線までなので、生意気にもちょっと物足りない、という感覚が出てきました。

以下私が使った手筋です。
4国同盟 54,70,100
5国同盟 99
四角の対角線 82,83,99,100
四角の対角線(3行バージョン) 98

|

« 数独日誌100217 | トップページ | 数独日誌100228 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

> ニコリ社の問題は使う手筋はN国同盟と四角の対角線までなので、
> 生意気にもちょっと物足りない、という感覚が出てきました。

僕はニコリ社以外の出版社の NumberPlace 系パズルの難易度に
ついてはあまり知りません。
しかし、ニコリ社の「激辛数独」シリーズについて云えば、
各巻末の高難度の問題の難度が、Vol.5 あたりから巻を重ねるに
つれて徐々に向上しつつあるように感じています。

貴兄がおっしゃる「四角の対角線」び解法テクニックについては、
僕にとってまたまた耳新しい用語です。\(^o^;)">

> 以下私が使った手筋です。
> 4国同盟 54,70,100
> …………<< 略 >>…………
> 四角の対角線(3行バージョン) 98

ここに挙げられた No.54、70、82、83、98、99、100 のうち、
確かに No.82、83、98、99、100 については、「二つ揃い=2国
同盟」だけでは解けず、他の工夫が必要です。
この種の高難度の問題が、「激辛数独」Vol.5 以降の各巻末に
増えてきているように感じます。

しかし、No.54、70 については、僕の場合、複数の「二つ揃い=
2国同盟」手法だけで解けましたが、貴兄が解く手順と大きく
異なるのでしょうか?

例えば、これらの中で比較的やさしい No.70 については、僕は
以下のように複数の「二つ揃い=2国同盟」だけで解きました。
----------------------------------------------
<< No.70 >>
385940002
000720004
000000006
000000067
470000019
520000000
900000000
200085000
800092645

上記の問題は、先ず「独立国宣言(笑)=1国同盟?」の手法だけで
下記の盤面まで行き着けます。

385946172
600720004
742000906
100000067
470000019
520000000
950000020
260085790
807092645

この後しばらくは下記のように順々に複数の「二つ揃い=2国
同盟」を探していくことになります。

まず最初に、マス(2,2)と(2,3)に、1または9が入ります。
さらに、マス(6,8)と(6,9)に、3または8が入ります。
そうなると、自然にマス(6,7)に4が入るようになります。

次に、マス(2,6)と(5,6)に、3または8が入ります。
こうなると、自然にマス(3,6)に1が入るようになります。

次に、マス(3,5)と(4,5)に、3または5が入ります。
こうなると、自然にマス(5,5)に6が入るようになります。

ここまでくると、盤面は下記のようになります。

385946172
600720004
742001906
100000067
470060019
520000400
950000020
260085790
807092645

この盤面においては、空きマスであっても、前述のように(2,2)と
(2,3)、および(6,8)と(6,9)、および(2,6)と(5,6)、および(3,5)と
(4,5)は、それぞれ特定の2数字しか入り得ないという制限が
加わった特別の空きマスです。
この制限を考慮に入れて進めば、この後は「独立国宣言」の手法
だけで順次各々の空きマスの数字は埋まっていきます。
その結果、以下の最終解答盤面が得られます。

<< No.70 の最終解答盤面 >>
385946172
600720004
742000906
100000067
470000019
520000000
950000020
260085790
807092645

いかがでしょうか?
ひょっとすると、この解き方手順は貴兄がおっしゃる「4国同盟」
と、本質的な差はないかもしれませんね。\(^o^;)">

----------------------------------------------
話し変わって……、
この No.70 の表出数字のレイアウトがとても魅力的だったので、
これをベースに僕自身のオリジナル問題を作ってみました。

<< 100225_01 >>
913650002
000430001
000000006
000000017
270000045
180000000
500000000
600081000
800093674

<< 100225_02 >>
365970002
000580003
000000007
000000045
510000039
670000000
100000000
800097000
900018376

ちょっとレイアウトを変えてみて……、

<< 100225_03 >>
015762000
000031007
000000004
790000001
580000026
100000073
200000000
900580000
000924730

<< 100225_04 >>
012689000
000041008
000000006
140000002
230000079
600000015
500000000
800410000
000325890

さらに、レイアウトを変えてみて……、

<< 100225_05 >>
008374500
000009700
790000008
310000006
400000005
600000027
800000053
001800000
007623100

<< 100225_06 >>
006924300
000008900
940000002
390000005
600000001
500000023
400000038
002700000
009185200

次に No.70 の28個の表出数字を思い切り20個に減らして
みました。
これにともない、表出数字の配置デザインも変えてあります。

<< 100225_07 >>
025700000
003900004
000000091
000000053
000000000
840000000
760000000
100008400
000005810

<< 100225_08 >>
041900000
006700002
000000081
000000056
000000000
790000000
280000000
300008400
000002510

表出数字を20個に減らしたまま、ニコリ・ルールに従って表出
数字の配置デザインを大幅に変えてみました。

<< 100225_09 >>
028000000
005300060
000900370
000001500
000000000
006500000
061004000
080002400
000000230

<< 100225_10 >>
032000000
009800010
000700890
000003500
000000000
001900000
078004000
040005300
000000250

これら全ての問題は、「独立国宣言」と「2国同盟」だけで
解けます。

投稿: 近藤夲 | 2010年2月25日 (木) 13時27分

またまた力作のコメントありがとうございます。一度ではお返事しきれないボリュームです。

まず「四角の対角線」の用語についてですが、ニコリ社「数独通信」では今までにVol.6のP46、Vol.12のP46、Vol.14のP40などでその内容が説明されています。記事の中ではこの手筋に特に名前はつけていませんが、「難しい数独の手筋の中でも特に見つけづらく、それでいて美しい解き方です」という評価です。

同じく「数独通信」の記事の中で「たすきがけ」という用語を見たことがありますが、これが「四角の対角線」と同じ意味なのかはわかりません。またこのブログで頻繁に取り上げているミシチャンさんのサイト(数独日誌090106)では、この解き方はX-wingという英語名もあることが紹介されています。

次にニコリ社「激辛数独」Vol.7の70番についてです。
もう一度全く白紙の状態から解いてみたところ、2国同盟までで解けました。

最初に自分が解いた後をよく見たところ、(6,8)と(6,9)が3と8の2国同盟なので、(6,4)が1と6しか入らず、そうすると4列の6,7,8,9行が1,3,4,6の4国同盟と考えたようです。またまた過剰な手筋に走ってしまいました。

近藤さん命名の「独立国宣言」というのは面白いですね。何か1つのマスが人格を持って主張しているようです。

投稿: ikachan | 2010年2月27日 (土) 21時41分

> またまた力作のコメントありがとうございます。一度ではお返事
> しきれないボリュームです。

ご丁寧な返信をありがとうございます。
現役真っ只中(…と思う)で多忙な ikachan さんでしょうから、
こんな閑をもてあましているジジイの相手などは二の次にして
くださいね。

> まず「四角の対角線」の用語についてですが、ニコリ社「数独
> 通信」では今までにVol.6のP46、Vol.12のP46、Vol.14のP40
> などでその内容が説明されています。

「数独通信」のバックナンバーを引っぱり出し、確認しました。
なるほど、こういったテクニックのことですか。
やっと、その意味が理解できました。ありがとうございます。

「X-wing」の用語ならば、以前に読んだ NumberPlace 関連の英文
文献で見た記憶があります。
詳しいことは覚えていませんが、さらに高度なテクニックとして
「XYZ-Wing」や「WXYZ-Wing」も存在するようですね。
でも、僕の場合はせいぜい「X-wing」や「三つ揃い=3国同盟」
までが精一杯というところでしょうか。

> 近藤さん命名の「独立国宣言」というのは面白いですね。
> 何か1つのマスが人格を持って主張しているようです。

『人格を持って主張している』という ikachan さんの表現は、
なかなか素敵ですね。同感です。

同じ「独立国」でも、取っ掛かりの段階で行・列をザッと眺め
渡しただけで自ら眼に飛び込んでくるような目立ちたがり屋から、
意外なところにじっと息をひそめ表舞台に出るのを嫌がっている
引っ込み思案な者まで、その個性は様々ですね。
従って、「独立国」にもその性格で分類してやる必要があるなと
かねがね思ってきました。
未だ名案が見つかりませんが……。

投稿: 近藤夲 | 2010年2月27日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌100222:

« 数独日誌100217 | トップページ | 数独日誌100228 »