« 数独日誌100307 | トップページ | 数独日誌100318 »

数独日誌100310

   世界文化社「ナンプレ超上級編」Vol.22、☆7つを中心に31題が終了し、残り、☆6つと☆7つが35題ずつになりました。ニコリ社「激辛数独」をやった直後だったので、表出数字の配置が気になります。「ナンプレ超上級編」の作者は配置より解き味重視の人が多いようです。どちらがいい、悪いの問題ではないのでしょう。

   さすがに解き味は全般に良好ですが、武井大輔さんの問題(43,52番)などは私の好きな手筋(数独日誌090529参照)も多く、楽しめました。ところで武井さんは「ナンプレ超上級編」では本名、「激辛数独」では「赤い魔術師」というペンネームを使っています。作風を使い分けているのでしょうか。

他にも55番が余り経験のない不思議な解き味でした。
以下私の使った手筋です。

4国同盟 44,55,59,66
4国同盟×2 60
四角の対角線 53,58
Finned Fish 57,63
Sashimi Fish×2 63

|

« 数独日誌100307 | トップページ | 数独日誌100318 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌100310:

« 数独日誌100307 | トップページ | 数独日誌100318 »