« 数独日誌121202 | トップページ | 数独日誌121209 »

数独日誌121206

   「激」シリーズVol.8の問題番号の下1桁が5の問題をやりました。またNice Loopを使って解いた問題がありました。それも2題(85番と105番)です。途中図を下に載せますので、よかったら解いてみて下さい。

   これはどうも「極」シリーズより難しいと言えるのではないでしょうか。あるいは難易度のばらつきも今回多い気がしたので、コンピュータで作りっぱなしで、あまりていねいな編集がなされていない結果なのか、よくわかりません。

以下私の使った手筋です。
3国同盟 75,95
4国同盟(隠れ3国) 105
四角の対角線(X-Wing) 55,65,115
四角の対角線(3行 Swordfish) 75,95
Sashimi Fish 75,105
Finned Fish 95,125
Finned Fish×2 115
XY-Wing 115
XY-Wing×2 125
XY-Chain 85
XY-Chain×2 95
Nice Loop 85,105

85番の途中図
810 030 400
720 940 381
040 871 625

060 058 000
570 000 803
080 790 050

197 000 500
632 507 040
458 069 000

105番の途中図
569 318 724
000 960 018
081 000 000

008 000 140
010 000 080
024 801 900

800 009 460
000 632 800
006 084 005

|

« 数独日誌121202 | トップページ | 数独日誌121209 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

85番も105番もikachanさんの嫌う Unique Rectangle を使うことを想定した問題なのではないでしょうか?

投稿: まあ坊 | 2012年12月 8日 (土) 08時28分

まあ坊さんへ
コメントありがとうございます。
Unique Rectangleですか!なるほど!85番についてはr1c36とr3c36にある、56,256,56,56で使えますね。

私はこの手筋が嫌いというわけではなくて、尊敬するミシチャンさんのサイトにあった、この手筋を使って良いかどうかは議論がある、という話に素直に従っていました。
http://www.geocities.jp/master_mishichan/hyper.html

久しぶりにこの部分を読み返したところ、ミシチャンさんは、ソフトで作った問題や海外のサイトの問題には遠慮なしに使う、ということも書いてありました。海外では通常手筋として認知されているのですかね?

「激」シリーズはイスラエルのパズル制作会社作成なので、これもミシチャンさんにならって、今後はUnique Rectangle を使うことにしたいと思います。

投稿: ikachan | 2012年12月 8日 (土) 23時28分

Unique Rectangleは唯一解を前提とした解法なので、複数解のある不完全な問題でもこれを使って解けてしまう可能性があります。ただ、通常はそのような問題はないので心配は要らないですが。注意が必要になるのはむしろ問題作成時だと思います。Unique Rectangleを想定して問題を作ると複数解が生じる可能性があるので、別に唯一解かどうかのチェックが必要になります。それを踏まえていれば、Unique Rectangleの使用は問題ないと思います。ただ、複数解のある問題でも解けてしまうUnique Rectangleは、個人的には好きではないですが。

85番では、r7c8(63) -3- r7c6 =3= r6c6 =6= r6c9の繋がりのM-Wingも成立します。r7c8とr6c9のどちらかに必ず6が入るので、r5c8とr7c9から6を除外できます。これはAICのType 1とも言えますよね。

105番では、r289c1で124のHidden Tripleを適用した後、r9c1(12)を起点とするM-Wingが幾つか成立します。例えばr9c1(12) -2- r7c3 =2= r7c9 =1= r8c9の繋がりで、r8c1から1を除外できます。あるいは、r9c1(12) -2- r9c7 =2= r7c9 =1= r7c4の繋がりで、r9c4から1を除外できます。

投稿: DokuZuki | 2012年12月12日 (水) 00時50分

DokuZukiさんへ
またまたていねいなコメントありがとうございます。M-Wingですか! M-Wingは前にDokuZuki(当時はパズル好き)さんに紹介していいただいて、そのときは理解できたのですが、なかなか普段自分で使える手筋にはなっていません。(数独日誌101109参照 「ikachanの数独三昧」のブログ記事一覧からジャンプしてください)
http://ikachanzanmai.private.coocan.jp/

これはNice Loopのように強リンクに印をつけると探しやすいかも知れませんね。それにしてもこの「激」Vol.8は何でもありのようです。

投稿: ikachan | 2012年12月12日 (水) 22時30分

(追伸)
以下私が使ったNice Loopです。2題ともNice Loop一回で解けたと思います。
85番
r7c8(36)-r7c9(268)-r6c9(246)-r6c6(346)-r7c6(234)-r7c8
(6強-6弱(強)-6強-3強-3弱)
これで不連続点のr7c8から弱リンクの数字3が除外できます。DokuZukiさんのM-Wingと同じ箇所です。

105番
r9c7(23)-r9c1(12)-r8c1(14)-r8c9(179)-r7c9(1237)-r9c7
(2強-1強-1弱(強)-1強-2強)
強リンクの連続する不連続点のr9c7が2で確定します。

投稿: ikachan | 2012年12月13日 (木) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌121206:

« 数独日誌121202 | トップページ | 数独日誌121209 »