« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

数独日誌140628

【Tachyonさん提供問題 ALS W-Wing型【7】【8】】
うーん、なるほど。【6】のルートは気付きませんでした。今度こそ2問ともクリアしたいです。

ALS W-Wing【7】
000 054 000
401 230 806
703 810 200

230 060 000
009 003 720
000 020 683

005 001 002
306 072 008
000 390 000

ALS W-Wing【8】
002 001 500
000 987 246
000 052 091

610 005 000
000 010 000
000 000 153

270 508 000
489 123 005
005 000 800

| | コメント (5) | トラックバック (0)

数独日誌140626

   ニコリ社「激辛数独15」の報告第1弾です。
福神ヅケさんは、18,29,52,57,82,85,98番の7題。おく山みつゆきさんは45,56,70,74,83,100,103番の同じく7題の掲載です。
   福神ヅケさんは、このブログで手筋についていろいろ教えてもらい、お世話になっている方です。ちょっと調べてみたら、今までに4回くらいコメントをいただいていると思います。(昔は「ヅケ」さんというハンドルネームでした)
http://ikachanzanmai.private.coocan.jp/burogukiji-ichiran.html

   おく山みつゆきさんはVol.12と13では、ちょっとお休みしていたようですが、Vol.14からまた復活しました。問題の難易度の高さ、解き味の良さなど「激辛数独」を代表する作家のひとりだと思います。

   お二人の掲載問題はいずれも力作ぞろいですが、ちょっと共通点ががあるように思いました。
1から順に数字を見ていくことを想定して問題が作られていること、
四角の対角線を使う問題は、ある程度序盤で見つけやすい形になっていること、
などです。

   福神ヅケさんの問題は、特に前半では、1から順に見ていくと、局部限定がたくさん使える問題になっていると思います。52番は18個問題にしては表出数字の並びがキレイで、配置が絶妙です。85番はあまり過去に記憶がないような解き味でした。
実は57番が一番手数がかかってしまいました。
2についての四角の対角線(X-wing)
7についての四角の対角線(X-wing)
第6列に3459の4国同盟(12の隠れ2国)
第1列に4589の4国同盟(12の隠れ2国)
第7列に3568の4国同盟(24の隠れ2国)

   おく山みつゆきさんは1から順にみていくと、2国同盟がどんどん登場し、解き心地がよい問題になっていると思います。ここでは100番と103番を取り上げます。
100番
3についてのSimple Chainでr9c5とr5c5から3を除外
7についての四角の対角線(3行 Sworefish)
5についての四角の対角線(3行 Sworefish)
第5行に168の3国同盟

103番
私はこの本の小さい盤面に直接数字を細かく書き込んでいるので、この問題は細心の注意力が必要でした。
9についての四角の対角線(X-wing)
5についての四角の対角線(3行 Sworefish)
1についての四角の対角線(3行 Sworefish)
2についての四角の対角線(3行 Sworefish)
第1行と第9行に125の3国同盟
8についての四角の対角線(X-wing)
第1列に346の3国同盟

上記以外の問題で私の使った手筋です。
3国同盟 45,70,74,82,83,85,98
4国同盟(隠れ3国) 52
四角の対角線(X-wing) 85
四角の対角線(X-wing)×2 98
四角の対角線(3行 Sworefish) 98

次回は、掲載題数6題の大日向一富巨さん、ぶろちゃんさん、我ヒトにあらずさんを取り上げたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数独日誌140623

【AAA Vol.3下一桁6の問題】
次回からニコリ社「激辛数独15」を報告したいと思います。最初は掲載問題7題と今回の作家陣の中で最多のお二人、福神ヅケさんとおく山みつゆきさんの作品を取り上げたいと思います。

以下私の使った手筋です。
3国同盟 6,36,46,56,76
3国同盟×3 66
4国同盟(隠れ2国) 56,96
4国同盟(隠れ3国) 26,56
4国同盟 46
5国同盟 96
Simple Chain 76,86
四角の対角線(X-wing) 16,86
XY-wing 96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数独日誌140622

   世界文化社から今井洋輔著「難問ナンプレ解き方のコツ 完全マスター編」が発売されました。         

   同じ著者の本が「難問ナンプレ解き方のコツ」(以下本編と略す)、「難問ナンプレ解き方のコツ 実践編」(以下実践編と略す)と2冊あるので、このシリーズの3冊目になります。「本編」は、紹介されている手筋の中に「仮おさえのカーブ」という今まで私が使ったことのないものもあって、なかなか面白く読みました。手筋ごとに練習問題も50題収録されていて、すべて解くことができました。

   ところが「実践編」の方は、結局1題もやらずにツン読状態になっています。というのは、30題の問題がヒント付きで解説されているのですが、「本編」と直接は関係がないようで、最後の方の問題でやっと4国同盟や四角の対角線、30番でRemote Pairsが登場していて、世界文化社の「超上級編」などと比べると、だいぶやさしいように思います。

   そして今回の「完全マスター編」なんですが、ちょっと眺めたところ、XY-wing、Remote Pairs、Sashimi Fish、Finned Fish、などが紹介されているようで、「実践編」より難易度が上がっている気がします。

   「激辛数独」が終了したら、この本をやってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数独日誌140621

【Tachyonさん提供問題 ALS W-Wing型【5】【6】】
今回は2問ともクリアなるでしょうか。

ALS W-Wing【5】
001 350 700
070 041 358
530 087 010

413 725 986
795 168 234
628 493 571

100 570 803
352 810 007
007 034 105

ALS W-Wing【6】
153 900 008
926 000 410
847 000 950

000 078 039
030 009 040
090 453 000

002 000 396
079 000 080
300 092 070

| | コメント (2) | トラックバック (0)

数独日誌140618

【AAA Vol.3下一桁5の問題】
   私は序盤である程度マスが埋まるタイプの問題が好きなのですが、好きな理由のひとつとして、マスが埋まると、途中の波及の具合がかなり変化する、ということがあげられると思います。

   つまり最初の表出数字の配置は点対称や線対称など、ある程度決まった形がありますが、序盤である程度埋まると、そこが変化し、解いていて新鮮な感じがするように思うのです。

   今回は35番(武井大輔さん作)を取り上げます。例によって過剰でした。もっと簡単に解けたのでしょう。

4についてのSimnple Chainでr9c2から4を除外
16,61,18,81,16,61のXY-chainでr3c13から1を除外
16,64,41のXY-wingでr2c5から1を除外
1についてのSashinmi Fishでr9c6から1を除外
1についてのSashimi Fish(3行) でr9c1から1を除外

以下35番以外で私の使った手筋です。
3国同盟 25,65
4国同盟(隠れ2国) 45,75
4国同盟 55
四角の対角線(X-wing) 65,75,95
四角の対角線(3行 Swordfish) 95
XY-wing 85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数独日誌140615

【Tachyonさん提供問題ALS W-wing型)【3】【4】】
前回の問題のTachyonさんのコメントでW-wing型の意味がわかりました。
今回はうまく見つかるでしょうか。
ALS W-Wing【3】
063 040 900
002 680 003
000 053 260

100 460 530
640 035 010
235 008 006

076 324 000
820 506 300
304 870 620

ALS W-Wing【4】
376 050 001
408 060 000
002 700 006

061 000 400
024 617 090
003 000 160

245 379 618
139 586 724
687 020 539

| | コメント (4) | トラックバック (0)

数独日誌140614

【AAA Vol.3下一桁4の問題】
34番(武井大輔さん作)は局部限定を4種類の数字で使いました。

下一桁が5と6の問題が終了したら、いったん中断して、ニコリ社「激辛数独15」を報告したいと思います。初回は福神ヅケさんとおく山みつゆきさんの作品を取り上げたいと思います。

以下私の使った手筋です。
3国同盟 4,54,64,84
Simple Chain 24,84
Simple Chain×2 74
四角の対角線(X-wing) 84
XY-wing 94
Sashimi Fish 44
Sashimi Fish(3行) 74

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数独日誌140607

【AAA Vol.3下一桁3の問題】
   13番、53番が解き味が良かったです。また43番は残り数字のチェックがちょっと大変でしたが、解き応え十分でした。63番は途中の波及がスゴイです。83番は局部限定の良い練習問題だと思いました。

以下私の使った手筋です。
3国同盟 3,23,33,53,63,73
3国同盟×2 43
4国同盟(隠れ2国) 43
4国同盟(隠れ3国) 73
4国同盟 73
四角の対角線(X-wing) 53,63,93
四角の対角線(3行 Swordfish) 93

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数独日誌140606

   Tachyonさんからまた新しいタイプの問題を提供をしていただきました。今度は『W-Wingに近い形の(Grouped) NiceLoop with XYZ-Chain』ということです。どんな形なんでしょうか、ちょっと想像がつきません。例によって1回に2題ずつ取り上げたいと思います。

   『さてお次は、W-Wingに近い形の(Grouped) NiceLoop with XYZ-Chainの問題を紹介したいと思います。どの問題も、うまくやれば基本的な技(N国同盟を含む)とXYZ-Chain(ALS)を含んだ(Grouped) NiceLoop一発で解けます。(※今度は前回と違って、一発の手筋の中に[WXY, XY, XYZ]型が必ず含まれるとは限りません)』

ALS W-Wing【1】
420 000 017
005 100 000
100 204 830

000 700 459
050 348 001
214 569 000

091 600 000
042 000 100
830 400 092

ALS W-Wing【2】
100 702 030
000 401 000
470 006 001

001 270 600
200 610 007
736 948 512

800 100 029
010 829 000
020 000 108

| | コメント (3) | トラックバック (0)

数独日誌140603

【AAA Vol.3下一桁2の問題】
72番(酒仙堂さん作)です。

   これは最近時々見かける、比較的序盤で四角の対角線の手筋が見つかる問題かな、と思いこんだのがいけませんでした。

案の定、7についての四角の対角線(3行 Swordfish)
もう一度7についての四角の対角線(3行 Swordfish)
第3行に1569の4国同盟
ここで2についてのSimple Chainでr1c59,r9c5,r5c9から2を除外
1についての四角の対角線(X-wing)
とここまで見つかりましたが、その後がなかなか続きません。

   結局24,41,12のXY-wingがあり、これでr8c1から2が除外でき、これで最後まで埋まりました。四角の対角線の手筋はどこまで必要だったのかよくわかりません。
あまり手筋を決めつけてはいけない、という教訓でした。

以下72番以外で私の使った手筋です。
3国同盟 2,22,92
3国同盟×2 82
3国同盟×4 52
4国同盟(隠れ2国) 52,92
4国同盟 32,42
Simple Chain 42
四角の対角線(X-wing) 92
四角の対角線(X-wing)×2 62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数独日誌140601

【AAA Vol.2下一桁1の問題】
   今回は71番を取り上げたいと思います。
前半なかなか調子よく進んだように思いましたが、中盤四角の対角線(3行以上を含む)、Sashimi Fish、Finned Fish、浜田ロジック、Remote Pairs、XY-wingなどを探しましたがうまく見つかりません。

   次にXY-chainを探すために、背理法を使って、2択マスの連鎖の中で矛盾が起こらないかを探していたところ、XY-chainではないのですが次の形が見つかりました。

   r5c2に8が入ると、右中ブロックで8が入るのがr46c7だけになり、第1行に8が入らなくなってしまいます。つまりr5c2から8が除外できます。

   これを最近使っている書き方で表すと、
r5c2-8-r5c789(12789/189/178)=8=r46c7(1789/1289)-8-r1c7(18)=8=r1c2(138)-8-r5c2

   これで5リンク構成の不連続タイプのGrouped X-cycle(1種類の数字だけからなるNice Loop)が成り立ち、8の弱リンクが連結しているr5c2から8が除外できます。

   はたして作者(エムエスさん)の想定は何だったのか。普段使っているソルバーに解かせてみました。 http://www.sudokugame.org/puzzle.php

   すると、この局面で2-String Kiteを使っていました。作者の想定はこれかもしれません。つまり、右上ブロックを凧(Kite)の本体とし、2本の足(string)が8の強リンクでr1c2とr5c8に伸びています。この2つの足の両方を臨むr5c2から8が除外できます。もしr5c2に8が入ると、右上ブロックに8が2つ登場してしまいます。

   私の場合2-String Kiteは普段あまり使えていない手筋です。
   この結果第2列に134の3国同盟が現れ、後はフィニッシュまでいくと思います。
他では11番が解き味良好でした。

以下71番以外で私の使った手筋です。
3国同盟 31,81
3国同盟×2 21
3国同盟×4 51
5国同盟(隠れ3国) 41
4国同盟(隠れ2国) 91
5国同盟 51
Simple Chain 61
Simple Chain×2 101
四角の対角線(X-wing) 81
四角の対角線(3行 Swordfish)31,91
XY-chain 61,101
次回は同じく「AAA Vol.3」の下一桁が2の問題を報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »