« 数独日誌150912 | トップページ | 数独日誌150919 »

数独日誌150916

【超難問ナンプレAAA6 下一桁が4と5の問題】
今回も途中の波及が心地よかったのが4,45,64,74番などでした。
特に74番(稲葉直貴さん作)は傑作だと思いました。
35番は途中見落としがあり、おそらくXY-chainはいらなかったと思われます。

以下私の使った手筋です。
3国同盟 15,44,45,54,55,75,84,95
3国同盟×2 14,34,35,64
4国同盟(隠れ2国) 34,65,94
4国同盟(隠れ2国)×2 84
4国同盟(隠れ3国) 55,74
4国同盟 75,85
四角の対角線(X-wing) 84,94
四角の対角線(X-wing)×2 44,95
四角の対角線(X-wing)×3 24
XY-wing 45,54,65,84
XY-chain 35

|

« 数独日誌150912 | トップページ | 数独日誌150919 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、数独日誌楽しく拝見しています。今年1月頃に一度コメントした者です。また直近の記事に無関係の内容で失礼します。
目下、超上級編34に勤しんでいます。081問、難しかったですね、私も苦労しました。
8/14の記事に手筋を探す順番のコメントがありましたが、私の場合、縦横でまず埋まる数字を見てから、次は2行3行の対角線、sashimi-fishを探します。
以前、終盤でやっと見つけた対角線が実は最初から成立していたことが何度かあったからです。
特に3つの数字が斜め(例えば左上、中中、右下)、または桂馬の形(例えば左上、右中、中下)のボックスにあるとき、3行対角線が期待できます。
その後は2国同盟、XY-wing、さらに3国同盟といったところです。
作者が企図した手筋がうまく見つかって、候補数字をあまり書かずに解けると気持ちいいものです。

投稿: ダイスケ | 2015年9月19日 (土) 19時51分

ダイスケさんへ
1月に引き続きコメントをいただき、ありがとうございます。n国同盟を探すのが結構後半なんですね。本当に解き方はいろいろで面白いです。

Sashimi Fishは私もとってもよく使っています。

「3つの数字が斜め(例えば左上、中中、右下)、または桂馬の形(例えば左上、右中、中下)のボックスにあるとき、3行対角線が期待できます。」この表現はウマイですね。私もどう表現したらいいか考えことがあるんですが、うまく見つからなかった記憶があります。

このことは私もそう感じていました。この形が特に多いのが世界文化社の西山ゆかりさんの作品だと思います。

投稿: ikachan | 2015年9月19日 (土) 22時57分

早速リコメントありがとうございます。
まだ作者の個性を感じ取る余裕はありませんが、そういう楽しみ方もありますね。
ikachanさんは激辛数独を作者毎に解かれてますが、面白い試みと思って拝見しています。
またコメントさせて頂きます。

投稿: ダイスケ | 2015年9月20日 (日) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数独日誌150916:

« 数独日誌150912 | トップページ | 数独日誌150919 »